お知らせ|山梨市観光協会|山梨市おすすめのモデルコース&スポットを紹介!

NEWSお知らせ

2018.09.13

一之釜への団体旅行について(旅行会社様へ)

一之釜へのバスツアーが増えております。

アクセス方法や乗降車場所、駐車場に関するお問い合わせが増えておりますので、
このページが参考になりましたら幸いです。
ご不明な点はお電話にてお問い合わせください。

①国道140号(雁坂みち)を、雁坂トンネル方向(北)へ走っていき、
山県館(左手)・お伊勢の宮(右手)の先を左折します。
目印は上に出ている「大嶽山那賀都神社」の看板です。

 

②その先の2つに分かれているところを、右方向に進みます。
(看板には右・一之釜と出ていますが、大型バスは走行できません)

 

③一般の観光客の方は、右手にある「川浦スポーツ広場」を駐車場としてご利用いただけます。
赤い屋根の建物が目印です(平成30年9月現在工事中。工事関係者に声をかけて確認をお願いします)
大型バスはそのまま直進し、川浦バス停の手前(写真で赤く色づいているところ)に停車・降車をお願いいたします。

④バスを駐車する場所の参考です。
市営バスのバス停になっておりますので、バスの運行の邪魔にならないよう
速やかに下車をお願いいたします。

お客様降車後、バスは道なりに直進し、しばらくいった左側に見える空き地へ駐車をお願いします。
こちらの土地は私有地です。必ず事前に地主さんにご連絡をお願いします。
地主さんの連絡先は、山梨市観光協会へ電話でお問い合わせください。

 

⑤バスを降りたお客様は、バス停のところから道を下って、鉄橋を渡ります。
バスを降りたところから青緑色の鉄橋が見えます。

⑥鉄橋を渡ったら、突き当りを左へ。

近隣住民の生活道路ですので、右側通行の徹底をお願いします。

途中に臨時トイレもありますので、ご利用ください。

⑦この看板が見えましたら、左手に降りていきます。
バスを降りてから「名瀑一之釜」の看板までは10分~15分(やや下り)です。

看板から少し下へ降りていきますが、山道のような感じになりますので運動靴が必須です。
足腰の悪い方、杖を使用している方、ヒールやサンダルの方は危ないですのでご遠慮ください。

⑧降りて行った先に、吊り橋があります。

吊り橋からは2つの滝を見ることができます。
右手に見えるのが「釜沢の滝」、左手に見えるのが「女滝(めだき)」です。


↑釜沢の滝


↑女滝

⑨吊り橋を渡り終え、ごつごつした岩場を歩いていくと、そのさきに一之釜(男滝)があります。
岩場は、不安定なところもありますので足元に気を付けてください。

大雨・台風のあとは水量が多くなりますのでご注意ください。

⑩再度来た道を折り返していただき、バスを降車したのと同じところで乗車します。
バスを降りてから集合するまでの所要時間は、おおむね50分~60分程度です。
(お客様の年齢・脚力などにより、多少の増減も考えられます)

何かご不明な点がありましたら、お電話にて山梨市観光協会(☎0553-22-1111)までお問い合わせください。
駐車場の地主さんの連絡先は、お電話でのみお伝えしております。