「山梨の名山」スポット|おすすめモデルコース&スポット紹介|山梨市観光協会|山梨市おすすめのモデルコース&スポットを紹介!

MODEL COURCE & SPOTおすすめモデルコース&スポット紹介

MODEL04

軟弱系山男 Y崎が行く

「山梨の名山」スポット

  • PLAN
    01

    キャラクター人気投票第1位記念 ~期間限定 軟弱系山男Y崎のコラム~

    「ある光 ~なぜきみは山に登るのか~」
    「ある光 ~なぜきみは山に登るのか~」

     今から20年ほど前、山中湖を見下ろす展望駐車場に私はいた。そこには以前行ったことがあった。夜景がきれいだった。
     一人の休日、時間を持て余した私は、ふとこの場所のことを思い出し、車を走らせた。九月も終わりを迎え、あたりには一足早い秋風が流れていた。
     しばし、青く光る湖や湖越しの富士山を眺めていた私。車に乗り込もうと振り返ると、ふと駐車場から伸びる一筋の登山道が目に入った。その道はススキ野原の小高い丘に続いていた。
     何が背中を押したのか、気が付くと私は、助手席に置いてあった一冊の本を持って、登山道を登っていた。時間にして30分くらいだっただろうか。息を切らしながら登った先にはのどかな草原状の丘が広がっていた。さらに素晴らしい景色がそこにあった。
     誰もいない丘の一角に腰を下ろし、眼下の絶景を眺めながらのんびりと本を読んだ。やがて風は止み、あたたかな日差しにいつしか私はまどろみの淵に落ちていった。

     突然の涼風に目覚めたとき、湖から沸き立つ雲が私のいる丘に駆け上がってきた。あっという間に私の周りを取り囲む白雲。視界は遮られ、あたりは暗くなった。
     と、瞬間にわかに私の頭上の雲が割れ、空から一筋の光の柱が私に向かって降りてきた。ほんの数秒間の刹那。私はその光が織りなす大自然の情景に心を奪われた。そして大自然の前では、至極ちっぽけで不確かな自分という確かな存在を知った。
     
     それをきっかけに、私は山登りを始めた。そしていつしか20年の月日が流れた。
     
     今私は、つい先日復活を遂げたあるアーティストの20年前のメロディーを思い出している。
     
     「ある光」そのタイトルにはさまざまな意味が秘められているが、私にとっての「ある光」、それは紛れもなくあの日、あの時、あの場所で私に神々しく降り注いだ光だ。
     「ある光」に導かれ、私は今日も山に登る。自分という存在を確かめるために。

  • PLAN
    02

    新ハイキング×山梨市 おすすめ ハイキングコース

     
     

    山梨市は奥秩父山地の最高峰・標高2,601mの北奥千丈岳から、笛吹川、重川、日川の三川の合流点まで、2,300mを超す標高差を市域とし、山歩きの初心者から、登山のエキスパートまで、幅広い登山者・ハイカーが訪れます。
    山梨市では、多くの人たちがより安全に山歩きを楽しんでいただけるよう、日本で唯一のハイキング専門誌である月刊誌「新ハイキング」を発行する新ハイキング社とタッグを組みました!
    新ハイキング社の協力により、「新ハイキング」の紙面で紹介された山梨市に関する数多くの記事の中から、選りすぐりの記事をここに紹介できることになりました。
    ご紹介した記事は、山行計画を立てる際の参考にしてください。また、記事を読んで実際に歩かれた際は、ぜひ感想やコースの情報をお知らせください。
    皆様からいただいた感想や情報は、今後の登山道整備に生かしていくとともに、必要に応じ順次ホームページの掲載情報に反映し、登山者・ハイカーの更なる安全につなげていきます。

    ◎掲載記事リスト(いずれもPDFファイル)
    兜山~棚山
    小楢山(フフより)
    小楢山(焼山峠より)
    乾徳山(乾徳公園より)
    乾徳山~黒金山
    黒金山
    金峰山
    甲武信ヶ岳~雁坂峠
    西沢渓谷

    新ハイキング社 ホームページ

  • PLAN
    03

    自家用車+バスの合わせ技!里山好きにおススメの温泉付き健脚コース

    帯那山~棚山~フルーツ公園縦走コース
    帯那山~棚山~フルーツ公園縦走コース

    市役所駐車場に車を止めて朝一番の戸市行きバスで登山口に向かいます。コースは帯那山と棚山を結ぶロングコースですが、危険個所も少なく(ただし、看板類が少ない箇所があり、事前の情報収集と歩行中の地図での位置確認は必須)、里山の雰囲気を満喫できます。下山した先には二か所の日帰り温泉があり、入浴後はフルーツセンターからバスで山梨市駅まで下れば市役所まではひと歩きです。秋~初冬もしくは早春~新緑のころがおすすめです。 
    ○グレーディング 体力度3 難易度B

    TEL 山梨市役所観光課(0553-22-1111)
    アクセス 山梨市役所まで
    中央道勝沼ICから30分
    戸市バス停まで
    山梨市役所からバスで35分(「戸市」下車)
    フルーツセンターから駅まで
    フルーツセンターからバスで10分(「山梨市駅」下車)
    駐車場 山梨市役所
    (正門が開いていない場合は、東門から入る)
    備考 山梨市駅・山梨市役所方面から戸市行きのバスは午前は早朝の一便のみ(山梨市駅発6:54)のため、JR東京方面からこのバスを利用することは事実上不可能。
  • PLAN
    04

    奥秩父の山深さを知るならココ!変化に富んだ登山が楽しめる絶景穴場コース

    乾徳山林道から黒金山往復
    乾徳山林道から黒金山往復

    乾徳山登山口の一つである大平をさらに車で20分ほど進んだ、尾根の突端部の広い場所が黒金山登山口。ここから黒金山を往復します。途中樹林帯、湿地、笹原と変化にとんだコースを進みます。山頂北面から見る、うっそうとした森の向こうに伸びる長大な奥秩父の主線稜の景色は、奥秩父の山深さを象徴する景色です。また、牛首ノタルから見る乾徳山は、南側からの立派な山容とは全く違った一面を見せてくれます。 国道から大平まで狭く急な市道を、大平から黒金山登山口までは未舗装の林道を進むため、車の運転には十分注意してください。
    ○グレーディング 体力度2 難易度B

    TEL 山梨市役所観光課 (0553-22-1111)
    アクセス 中央道勝沼ICから90分
    駐車場 黒金山登山口駐車場(20台)
    備考 大平~黒金山登山口間の県営林道(乾徳山線)は、11人乗り以上の車は乗り入れ不可。林道冬期閉鎖あり。
  • PLAN
    05

    土日のバス登山に最適!往復登山では物足りないアナタに送る温泉付き縦走コース

    焼山峠~小楢山~大沢山~妙見山~鼓川温泉縦走コース
    焼山峠~小楢山~大沢山~妙見山~鼓川温泉縦走コース

    焼山峠から鼓川温泉までいくつかのピークを上り下りするやや健脚者向けの縦走コースです。眺望に優れた小楢山や幕岩は広く知られていますが、おススメは妙見山手前の見返り岩。小楢山方面から下ってきてここでこの岩で振り返ってみると、今まで歩いてきたトレイルを一望することができ、感慨もひとしおです。大沢山から先、鼓川温泉方向は、登山者も少なく踏み跡が不明瞭な場所や、一部鎖場がありますが、特にコース終盤電波塔からの下山路はコースは落ち葉等で定めにくく、注意が必要です。入山には塩山駅~焼山峠行の乗合バス(要予約・運行日確認)を、帰路には鼓川温泉から市営バスを乗り継いで山梨市駅または塩山駅を目指すため、バス時刻の確認とペース配分も重要です。時間に余裕があれば、鼓川温泉でひと汗流せば山の疲れも吹き飛びます。 
    ○グレーディング 体力度2 難易度C

    TEL 山梨市役所観光課 (0553-22-1111)
    アクセス 焼山峠まで
    JR塩山駅から乗合バスで90分(要予約)
    鼓川温泉から窪平まで
    鼓川温泉からバスで25分(「窪平」下車)
    窪平から駅まで
    窪平からバスで15分(「塩山駅」下車)
    窪平からバスで20分(「山梨市駅」下車)

    備考 6月初旬~11月下旬の土・日・祝日に塩山駅~柳平・焼山峠間に乗合バス(要予約)が運行。詳しくは、栄和交通(0553-26-2344)。

MODEL COURCE & SPOTおすすめモデルコース&スポット紹介